検索エンジンの対策に現実世界での取り組みが必要。なようです

SEOで意図するインデックスを得るために、そのキーワードを普段から検索する人、情報発信をする人からの閲覧を得ることが重要だと聞いたことがあるけど、本当だったようです。

 

下記はGoogleが公開しているウェブマーケター向けの教育サイトの中の1節。

複数のSEOセミナーでも”検索エンジン対策にはリアルな評論家や詳しい人たちに自社サイトを見てもらうリアルな働きかけも重要”と言っていましたが、やっと納得できました。
もっと具体的に表すと、おそらくですが、普段から同じキーワードを検索したり、ブログなどで発信するようないわゆる関連性の高いユーザーだと思われます。このような人が訪れるサイトは、きっとそのキーワードとの関連性が高いのだろう。とGoogleは判断している。と。

考えてみれば、これ以上に確かな判断基準はないですよね。いくらGoogleが優れたプログラムを書いたとしても、生身の人間が探し出して見ているという事実に勝るものはないでしょう。

SEOが掲載順位の上昇には時間がかかると言っているのは、こういう事のデータ収集や判断の時間がかかっているのでしょう。

※本記事は私個人の見解であり、効果効能を保証しません。

関連記事

  1. Googleアナリティクスセミナーを無料で受講する

  2. グーグル アナリティクス と は

  3. googleアナリティクス

    【第1話】Googleアナリティクスセミナーで本当に重要な事

  4. GoogleOptimizeryがまだアカウントに適用されてない時に即…