グーグル アナリティクス と は

グーグル アナリティクス とは

「Googleアナリティクス」と記す方が多いそうです。

Googleアナリティクスは米国Google社が開発した高機能アクセス解析ツールです。

アクセス解析は対象となるウェブサイトにどんな人が、どこからやってきて、
どこを入口にして、どんなコンテンツを見たのか?ウェブサイトの目的を
達成したのか否か?を様々なグラフや数表で確認する事が出来るツールです。

アフィリエイターや企業のウェブ担当者さんは、このGoogleアナリティクスを
使って、自分が管理するウェブサイトがどのくらい見られているのかなどを
確認します。

恐らく、世界で最も多くのウェブサイトで使われているアクセス解析ツールは?と
質問すれば、多くの方がGoogleアナリティクスでしょ?と答えるでしょう。
私もそう思っています。全サイト見てないので分かりませんが、一説で
全体の6割はGoogleアナリティクスを使っていて、残りは他社ツールと
Googleアナリティクス両方を使っており、残りは他社ツールを使っているとか。

詳細な事は分かりませんが、とにかく人気のツールであることは間違いないようです。

Googleアナリティクス(以下、GAと略)はなんと無料のツールです。

一部月額100万円程のプレミアプランなどがあるそうですが、大半は無料の
プランで十分すぎます。

なぜ、国内でここまでGAが普及したのかというと、制作会社さんが
受注したサイト制作の時にほぼ必ずGAを導入するというサービスを
行っているからですね。
ところが国内の企業の多くは、まともにGAを使える人が社内には居ません。

この宝の山と言っても過言ではない、Googleアナリティクスのログインすら
しないで放置している事例を沢山見てきました。

でも無理もありません。GAは難しいのです。分析?とか統計とか?セッションとか?
まず、言葉が難しい。そして聞きなれないような単語ばかり出てくる。
正直難しいと思います。

ただし、ウェブ担当なら絶対に見なければならないと思います。

GAを見ることで現状を把握し、仮説を立てて検証し、その結果、どのくらい良くなったのか?
どのくらいダメだったのか?を詳しく教えてくれます。

これが分からないと、何が、どのくらい足りないから、どうすればいいのか?が分かりません。

GAを見ないという事は灯りを点けずに夜道を車で走るようなものだと思います。
なんだかよくわかんないけど、みんなが使ってて、うちの会社のホームページで
問合せや資料請求を増やすためには、まずはアクセス解析のGoogleアナリティクスを
見ないと始まらないんだなと思って頂けたのではないでしょうか?

以上、Googleアナリティクスとは何か?でした。

 

ここからは筆者の暴走言い過ぎ記事です。

 

皆様にとって、最も重要なのはGoogleアナリティクスがどれだけ便利なのかを
知ることではなくて、問合せや資料請求の件数を増やさないと社長・上司に怒られるってところですよね。

 

 

でしたら。お任せください。

JIZOコンサルティングはもっとも安全で確実な近道を知っています。

 

 

ただし、我々は広告代理店さんやウェブ制作会社のように御社のGAからうすーい答えを出して、
いきなり解決策を提示しません。そんな一過性の答えを出したところで、大した効果は得られません。

 

 

はぁ?と思われたかもしれませんが事実です。

 

我々が他社と違うのは、最も商品やサービスを熟知していて、今後もその業界に
どっぷりつかっていく人、より長い時間を共にする人、商品サービスが
売れないと困るから本気で取り組む人がGoogleアナリティクスを使えないと
大した成果が得られない、更に得られ続けることが出来ないと確信を持っています。

つまり、皆さんがGAを使いこなし続ける事が出来ないと、
御社のサイトで最大限の効果は得られません。

これは弊社が長年サイト改善に取り組んできた、結論です。

 

明日から御社が普通の広告代理店と契約して、普通に活動していれば、いつか気付きます。

あれ?なんで上手く行かなかったのに、その理由を誰も社長に説明出来ないんだ?

もうこうなったら、社長は激怒りです。激おこぷんぷん丸ですね。

 

 

 

 

 

「なんか、キーワードの検索回数がなんとかで~、世の中で検索されてないとかなんとか。。。」
「競合の企業の方が予算があるので、勝てないとかなんとか~」
「うちのサイトが分かりにくいので、お金をかけて集めた来訪者が、ちょ、何だっけ?あ、直帰ね。直帰?してるらしいです。」
うーむ。すごくよく聞く話ですね。
社長も「分かった、分かった。で、どうするのこれから?」
一同 「え?あー。いやー、どうしますか?」

 

社長「はぁあ!?怒  い、いやいや・・・。じゃあ、何が上手く行ったの?なにかあるでしょ?」

一同「・・・・・。」全員絶句 

凍り付く社内。その場を立ち去る他事業部。

 

怒りに震える社長「だ、代理店は何かレポートとか出してきてるよね?それ見せてよ。」

・・・・・。

社長 「なにこの、日々の数値が並んでるだけの紙切れは?前半は3件とれて、
後半は1件だけでした。。。そんなん、見れば分かるわ!そんなの考察じゃねーだろぉ!!!
しかも、3月のレポートが4月の半ばに来ても、4月はもう半分終わってんだろ!
なにもせずに4月も負け確定だよねぇ(怒)

ん?何?改善案が欲しいなら、もう3万管理費欲しい?

ふがっ!¥!%$&*{!&# 」  社長失神。。。

 

すみません。。。突然、レポートあるあるになってしまいました。

とにかく、言いたかったのは、自分たちでやらないと、上手く行っても、
失敗しても、何も得られないですよ?という話です。上手く行ってれば、まだいいですね。

やり方やコツを覚えて、自分たちで運用しないと、報告が出来ないんです。
自分が理解しないと、何が問題なのか見えてこないし、なにが成功したのかも再現が出来ないのです。

広告代理店の営業マン一人の1日の必要売上は最低4~5万円です。大手ですと7~8万円とか。
管理系部署やビル家賃とか含まれている金額ですね。

8hで5万円です。

御社の広告費が仮に月額20万とします。このうち20%は代理店の管理費と言って利益の部分です。
広告費として使えるのは、わずか16万円。

残りの80%は全額、YahooやGoogleが取っていきます。つまり1ヵ月の代理店の取り分はたった、
4万円となります。1ヵ月で6hしか使えません。営業マンが毎月レポートを読み上げに行きます。
往復2hと1h話をして残り3h。運用チームのが毎日ログインしてチェックします。
何も修正しなかったとして、1回10分。月に約200分 はい、既に広告代理店は赤字です。
まだ、ありますよ。月初になったら、一斉にレポート作成タイムです。
キャンペーンレポート、キーワードレポートといくつかダウンロードしてテンプレートを埋めていきます。
早い人なら1件15分です。

あれ?営業した時に約束してた、細かいコンサルティングやキーワードや広告文のABテストは?・・・・

だから、管理費3万追加してくれって言ってたのか・・・。

と。やっとここにきて、追加の3万が、まぁ、分からないでもないという話ですね。

これは仕組みなんです。広告代理店業界のビジネスモデルなので、仕方ないんですね。

と、なれば、選択肢は2つ。
自分たちがイニチアチブをもって、代理店に指示を出して、
使いこなす。広告の運用や、管理画面の操作は慣れてる彼らに
まかせるけど、ディレクションは自分たちでやります。
これは、お互いに幸せです。代理店も考える必要が無いので。
でも、そんなスキルがあれば、まずは自社運用してみますよね。。。
スキルのある人がいなければ、不可能です。

じゃあ、もう一つは何かというと、最初は大変ですが自分たちであれこれ、
悩みながら沢山失敗しながら、やっていく事です。

 

この場合にはさっきの20万の広告費が全額使えますので、
必ず20%のコストカットが絶対に出来ますね。

失敗しても、それは糧になります。自分たちで勉強して、工夫します。
どんどんノウハウがたまっていきます。自分たちで運用しているので、
なんで上手く行ってないのか、必ず説明出来そうです。

今日も、明日も明後日も自社の事を考え続けます。これは絶対に代理店が
真似できません。

なんか、試してみたい施策や広告タイトルを思いついたら、すぐに試すことが出来ます。
代理店だと変更されるのは数日後です。それでも早い方。

ウェブ制作も、広告も全て同じです。
ウェブマーケティングは自分たちが中心となってやっていかなければ、成功は有りません。

この「中心となってやっていく」は、設計から実施して、検証、更なるPDCAを全部自分たちがやれるのがベストです。

でもなかなかそれは難しい、時間が無いし、ノウハウが無い。

では、考え方ややり方をしっかりとレクチャーします。一緒に日々業務を行いながら、練習していきましょう。というのが弊社のサービスです。

一緒に社長に怒られることもやります。

社長や上司に言いにくい事を私が言います。(しかも、いい感じに)

他部署に掛け合いましょう。仲の悪い営業部や情シスに。(しかも、いい感じに)

我々のサービスとは、

最も商品サービスを熟知している人(貴方です) が 高度な正しいデータ分析・ウェブマーケティング・運用ツールを使いこなせるように
伴走コンサルティングを提供する事です。

まず、共通の言語で話し合えるように「Googleアナリティクスセミナー初級編」へお越しください。

 

いやいや、GAなんか、朝飯前だという方はスグに打ち合わせをやりましょう。
電話でも訪問でも手段はご都合にお任せです。


最速で成果を出すために問合せする
 

関連記事

  1. Googleアナリティクスセミナーを無料で受講する

  2. 検索エンジンの対策に現実世界での取り組みが必要。なようです

  3. googleアナリティクス

    【第1話】Googleアナリティクスセミナーで本当に重要な事

  4. GoogleOptimizeryがまだアカウントに適用されてない時に即…

  5. なぜ?セミナー満足度 93% なのに怪しい?のか